もしも眩暈がしたら・・・病院へ行こう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

もしも眩暈がしたら・・・病院へ行こう!

突然の眩暈に悩まされている方は大変多いのではないでしょうか。
眩暈は原因のはっきりしているものばかりではないため、的確な対処法と言えるものが確立されていないものも多いです。

眩暈は問診の際、どのような眩暈かを聞かれます。
これは眩暈に「回転性」と「動揺性」の二種類があるからです。
回転性とは「ぐるぐると回っているように感じる」眩暈です。
動揺性とは「ふわふわする感じ」の眩暈です。
この違いの理由は、眩暈の発症している原因箇所が異なるからです。
回転性の眩暈は、三半規管や耳石器などの内耳に障害が発生しています。
動揺性の眩暈は、平衡感覚を処理する脳神経に障害があります。

眩暈の起こる原因としては、脳に送られる血液の量が不安定になることで眩暈という症状を発症することもあります。
また、神経とも密接な関係があると言われています。
不安や心配、ストレスなどの積み重なりによって眩暈を引き起こすとも言われています。
高血圧や低血圧による眩暈、不整脈、低血糖、貧血などが眩暈を起こす原因の病気と言われています。

これ以外にも、突然頭の位置を変えると眩暈におそわれることがあります。
横になった状態から立ち上がると発生する眩暈は、「起立性低血圧」と呼ばれています。
これは急激な身体の状態を変化させたために、血圧が低下したことによる眩暈です。

そして眩暈の原因の中でも、もっとも多いとされているのが自律神経失調症です。
心因性による眩暈で、自律神経の乱れが症状の原因とされています。
また、血流不順などの循環障害も原因の一つです。

このように、眩暈には回転性と動揺性の二種類があり、それらの原因は神経的なものか、あるいは血流によるものかが異なります。
これに加えて脳に障害のある場合も、眩暈を引き起こします。
脳梗塞の初期症状には眩暈が見られます。
そのため、持続的な眩暈の場合は、脳を調べる必要があります。

注目の症状の情報は便利なココを一度覗いて下さい

Search


Pagelist
Copyright (C)2016もしも眩暈がしたら・・・病院へ行こう!.All rights reserved.